ブログ Blog

栗原先生個展初日(2019.5.16)

栗原先生80歳おめでとうございます!
個展開催中です。皆様のご来廊お待ちしております。

栗原先生(2019.5.1)令和第一日目、栗原先生の個展の作品を集荷しました。栗原先生と愛犬椿ちゃんです。

懐古人形館展(2019.4.29)

初日、4月29日(月)11時オープンと同時に祝日とは思えないたくさんの方々にご来廊いただきました。気づいたらあっという間の3時45分でした。初めての展覧会ですが、創作人形、ビスクドール、ドールハウスの世界にすっかり魅了されました。皆様のご来廊をお待ちしております。

ハナミズキ忌(2019.4.25)

今年も花水木の季節となりました。大阪店長石井利信さんの命日です。合掌。

連休(2019.4.19

誰に聞いても10連休で、誰に聞いても混んでるので出かけないそうです。
東邦アートは連休中も展覧会を開催しています。とても気持ちの良い季節です。周囲は公園で緑豊かですので、お散歩がてら是非ご来廊ください。

懐古人形館展(2019.4.15)ドールハウス作家一色美世子さんの世界です。昨年11月ノエ・カフェにて撮影。

作家便り(2019.4.11)

日本はすっかり春ですが、こちらは日本画家長谷川幾与さんが留学されていたフィンランドの冬の風景です。

暖かい日が続き、ようやく春らしくなったと思いきや、まだまだ急に寒く感じる日があります。特に風がなく冷える日は、学生の頃に滞在していたフィンランドの冬を思い出します。
写真は、北極圏にあるフィンランドのサーリセルカという町で撮った一枚です。気温は-15℃くらい。雪景色がたまらなく綺麗で、静寂で、最小限から成る美しさでした。この頃に見ていた景色は、脳裏に焼き付いていて、今も影響を受けています。

雑草(2019.4.11)

駐車場の入り口の小さな小さな雑草、元気に精一杯可愛いお花を咲かせてくれてます。

栗原先生(2019.4.6)

先日、栗原先生宅をご訪問したところ、新しい家族が増えていました。椿ちゃん秋田犬女の子3歳です。
先生は以前、秋田犬のユキちゃんを飼っていました。ユキちゃんはいつもアトリエの先生の傍らで、まるでボディーガード。まさしく忠犬八チ公でした。ユキちゃんが亡くなりここ数年本当に寂しいご様子でしたが、椿ちゃんが家族に加わり嬉しい限りです。
ちなみに、今のところ椿ちゃんは先生が呼んでも来ないという我儘プリだそうです。

夜桜(2019.4.3)

神谷町の駅から東邦アートまでの通勤途中の桜です。

朝桜(2019.4.3)芝の桜です

高校野球(2019.4.3)

春の高校野球、東邦が6-0で習志野を破り優勝しました。
同じ名前なので、嬉しいものです。4月1日から新年度となりましたので、東邦アートも頑張りたいと思います。

桜(2019.3.29)

今年も桜の頃となりました。増上寺、愛宕タワー沿いの坂道、芝公園と見所豊富で朝な夕なでお花見です。桜が散り始めても一面桜の花びらの絨毯となり、美しいです。

田村能里子先生新作壁画(2019.3.19)

3月21日にオープンした日本橋髙島屋SC東館3階エレベータ―ホールに田村能里子先生の新作壁画【オアシスの丘に風を聴く】が完成し展示されています。
先生からお知らせいただき、早速行ってまいりました。
百貨店のエレベーターホールという空間をオアシスの丘に見立て、行き交う人々の交流と調和を表現したそうです。とにかく贅沢な空間でした。

アートフェア東京後記(2019.3.11)お蔭様で大盛況でした。心より感謝いたします。

モデルさん登場Ⅱ(2019.3.9)

モデルさん登場Ⅰ(2019.3.9)

梅(2019.3.5)

今年は白梅、紅梅が咲き誇り、本当に綺麗です。梅を綺麗と感じるのは年をとった証拠と聞いたことがあります。桜の季節には子供からお年寄りまで総出でお花見ですが、桜が満開になる前にそっと咲く梅の美しさに気付くのはやはり年を経たせいかもしれません。
桜のお花見は江戸時代からで、その前の奈良時代はお花見は梅だったそうです。桜のお花見は華やかで賑やかですが、梅が咲く頃はまだまだ寒いので、皆さんそっと静かに眺めているのでしょう。

作家便り(2019.2.22)

洋画家安冨洋貴さんから *春斗くん笑ってますね。
一昨年4月、それまで住んでいました埼玉を引き払い、18歳のとき以来20年振りに郷里へ転居しました。それと同時に、チワワとマルチーズのミックス犬・春斗と一緒に暮らすようになりました。当時2歳半で私に対しても遠慮がちだった彼も、今では5歳。最初の優等生キャラはすっかり影を潜め、今では誰に対しても愛想を振りまく性格に・・・・。いなくてはならない、家族の一員です。

安冨さんの展覧会予定は下記の通りです。
*それぞれの写実展 2月27日(火)-3月5日(月)岡山天満屋
* 薔薇・バラ・ばら 2月13日(水)-19日(火)大阪髙島屋

2019年AF(2019.2.26)

3月8日(金)-10日(日)AF東京(国際フォーラム)ブースG51
田中英生展を開催いたします。
田中さんはソニーやバドワイザーなど素敵なCM制作を手掛けCM業界の様々な賞を受賞されています。
本格的に絵画制作を始めたのは2010年、そしてNYの世界の作家30人に選ばれ、香港でも高い人気を博し、過去2回のAF東京でも完売を記録いたしました。
虚の世界をリアルに表現する新鮮と斬新が交錯する独自の絵画世界をお楽しみください。ご来場お待ちしております。

作家便り(2019.2.22)

作家さんはペットを飼ってる方が多いように思います。今日は2月22日猫の日ですので猫便りです。
日本画家金木正子さんから *金木さんはセンちゃんの前に凄く長生きの猫ちゃん2匹を飼っていました。
我が家の「せん」。今から5年前、私が働いている会社に生まれたばかりの子猫が迷い込んで来ました。しばらくは会社の事務所でみんなで世話をして飼い主を探していました。ところが、成り行きで私の家に来ることになりました。
今では私の家の主です。宅急便が届くと一目散に玄関へ走り、箱を開ける時は我先にと顔を突っ込んで中身を確認します。
我が家に外から入って来るものは全部確認しないと気がすまないようです。
我が家の主ですから。
金木さんの展覧会予定は下記の通りです。
* 薔薇・バラ・ばら 2月13日(水)-19日(火)大阪髙島屋
*プリマヴェーラ展 3月20日(水)-26日(火)大阪髙島屋 

作家便り(2019.2.12)

洋画家廣田真知子さんから
「私の静物の作品によく使っている白いモチーフ台があります。モチーフ台と言っても元々は祖母や父が使っていたであろう引き出しの二つ付いた小さな机です。昭和初期あたりの古い物で、見つけた当初は焦げ茶色でした。許しを得てアイボリーのペンキを塗ったのが約17年前、当時はこんなに長い付き合いになるとは思っていませんでした。私の小さな世界を演出してくれる大切な舞台です。」
廣田さんは京都にお住まいですが、東京に来られる折には毎回、おばあ様のお墓参りをされています。東邦アートがある芝界隈は昔は寺町で歴史のあるお寺が多くあり、廣田さんのおばあ様のお寺も弊社から徒歩数分のところにあります。初個展を開催したのもそんなご縁からでした。今年も7月に東邦アートで個展を開催予定です。
廣田さんの今年の展覧会予定は下記の通りです。
* 薔薇・バラ・ばら 2月13日(水)-19日(火)大阪髙島屋
*プリマヴェーラ展 3月20日(水)-26日(火)大阪髙島屋 (初日2時から5時まで来場予定)
*個展6月12日(水)-17日(月)広島八丁堀天満屋美術画廊
*個展7月9日(金)-27日(土)東邦アート

東京タワー(2019.2.1)

1月28日の東京タワーは大坂なおみ選手全豪オープン優勝を祝した華やかなライトアップでした。(画像では残念ながら華やかさは今一つ写りませんでしたが)
そして本日のライトアップはSAMURAIBLUEだそうです。
明日も優勝を祝したライトアップになるといいですね。

田村能里子先生(2019.1.12)

初雪の中、田村能里子先生宅を訪問いたしました。壁画の制作が終わりほっとしたご様子の田村先生でした。
気になる箇所があると夜中でも起きて再度手を入れたりされたいたそうです。
お披露目は3月とのことでした。

田中英生邸(2019.1.7)

この素敵なお家は、昨年末伺った田中英生さんのご自宅ではなく、お庭にある作品収蔵庫です。
今、ミニマムライフで注目されるタイニーハウスのようなお洒落な収蔵庫でした。ご自宅はさらにさらに雰囲気のある空間でした、、、、。しかし、この空間に入る為には、2匹の勇ましいフレンチブルドックの洗礼を浴びねばなりません、、、

安西大展(2019.1.7)

2019年初の展覧会は安西大個展です。洋画家でありながら琳派への深い関心と憧憬で華麗な箔の表現に挑戦中です。
和紙の風合いを油絵具で表現するなど見所満載です。
作家来廊は1月9日(水)・10日(木)・16日(水)いずれも午後からです。
皆様のご来廊をお待ちしております。