作家紹介 Artist

赤木範陸 Norimichi Akagi

赤木範陸 Norimichi Akagi 赤木範陸:藝大大学院修了後、ドイツに留学し約15年間滞在。現在、横浜国立大学大学院教授。
エンカウスティークとは:
古代ローマからエジプトに伝承された2000年前の失われた絵画技法。熱く溶けた蜜蝋で、モダンと悠久の美を表現し高い評価を得ている。
1961年 大分県に生まれる。
1988年 東京藝術大学卒業
1990年 東京藝術大学大学院修了、DAAD(ドイツ学術交流会)により渡独、国立ミュンヘン芸術大学、キリスト教美術研究室在籍EXHIBITION-NORIMICHI AKAGI-(ドイツ、フライブルグ市)
1991年 個展(由布院美術館)
1995年 国立ミュンヘン芸術大学卒業、ディプロム取得、マイスター及びマイスターシューラーの称号取得
1996年 KUNST IM  GESPRAECH-NORIMICHI AKAGI-(ドイツ、ミュンスター市)Preview zur EXHIBITION HOTEL RAFAEL(ドイツ、ミュンヘン市AIR-PULS  Lufthansa-NORIMICHI AKAGI-ルフトハンザ社主催(ドイツ、フランクフルト市)
1999年 EXHIBITION-AKAGI-ミュンヘン、カールシュタット社主催    EXHIBITION-AKAGI-ミュンヘン、ロータリークラブ主催
ドイツ、バートクロチンゲン市のワインラベルの為に作画
2000年 『波紋』<ルイーゼ・リンザー作 上田真而子訳 岩波書店>の挿画担当。個展(東邦アート、02・04・06)
2001年 EXHIBITION-AKAGI-Landshuter Hochzeit ドイツ、ランツフート市主催。個展-錬金術師の軌跡-(大分市美術館)
2002年 個展-湯浴み- (朝倉文夫記念美術館)
2005年 日韓友情年「日韓現代美術特別展」(韓国世宗美術館・福岡アジア美術館)
2010年 薔薇展(髙島屋巡回)
2011年 KAOS展出品(髙島屋東京店)
2012年 ラビアンローズ(髙島屋巡回)
2013年 個展(天満屋広島八丁堀店)
2014年 見ること・描くこと展(東京藝術大学美術館)、個展(日本橋髙島屋)
現在 無所属 横浜国立大学大学院教授。
*お作品ご購入についてのお問い合わせはこちらクリックしてください。
赤木範陸 作品 赤木範陸 作品 広間の残像 30F 広間の残像 30F
赤木範陸 作品 厨房の片隅の静物 6F 厨房の片隅の静物 6F 赤木範陸 作品 厨房の片隅の静物 6F 厨房の片隅の静物 6F 赤木範陸 作品 横浜人形 12F 横浜人形 12F
赤木範陸 作品 叢中猫図 20F 叢中猫図 20F 赤木範陸 作品 見上げる猫 3F 見上げる猫 3F