作家紹介 Artist

畠中彩 Aya Hatanaka

1994年 静岡に生まれ、広島で育つ。
2018年 641諏訪敦研究室 特別講義「篠田教夫 鉛筆画の臨界点」成果展
641諏訪敦研究室 特別講義「篠田教夫鉛筆画の臨界点」成果展(グループ展/東邦アート/東京)
2019年 広島市立大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻絵画研究油絵 入学
第7回 Guanlan International Print Biennial 入選/買い上げ、同展覧会(China Printmaking Museum/中国)
第5回 International Mezzotint Festival 賞候補、同展覧会
(Ekaterinburg Museum of Fine Arts/ロシア)
 Mostra Internacional de Maneira Negra ? International Mezzotint Exhibition Campinas, Brazil 入選、同展覧会(Arts Institute of university of Campinas/ブラジル)
2020年 ''-Chris and Zora’s new mezzotint friends- #2 WONDERING MIND ''
(グループ展/gallery Epreuve d'artiste in Antwerpen/ベルギー、スロバキアその他)
現在 広島市立大学大学院 博士前期課程2年 在学中
p.m.15:30
3点1組『p.m.15:30』650×550mm
技法 メゾチント/雁皮刷り
制作年 2020
p.m.15:30
充実した孤独感”がテーマのシリーズ作品。
ぼんやりと滲んだ日常風景の中を黙々とどこかに向かって旅する犬の群れは、私の自画像であり、この作品を見る人の象徴でもある。
p.m.15:30