作家紹介 Artist

大竹寛子 Hiroko Otake

大竹寛子 Hiroko Otake Hiroko Otake
1980年 岐阜県に生まれる
2006年 東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業
卒業制作 帝京大学買い上げ
2008年 東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2010年 第19期佐藤国際文化育英財団奨学生(佐藤美術館)
2011年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程 日本画研究領域修了 美術研究博士号取得
2012年 Diva ~美の精霊たち~東邦アート (有元容子/田村能里子/宮いつき/菅原さちよ/崔恩景/阿部友子/荒木亨子/岩崎絵里/大竹寛子/廣田真知子/山口暁子/片岡操)
現在 東京藝術大学絵画科日本画 教育研究助手
*お作品ご購入についてのお問い合わせはこちらクリックしてください。
大竹寛子 作品 卓上の薔薇図 10F 卓上の薔薇図 10F 大竹寛子 作品 雪椿  4F
雪椿 4F
大竹寛子 作品 Psyche 10F Psyche 10F 大竹寛子 作品 望の月 20P 望の月 20P 大竹寛子 作品 Psyche-vo.16- 8F Psyche-vo.16- 8F
大竹寛子 作品 蝶 2匹 Specimen vo.4 SM 蝶 2匹 Specimen vo.4 SM 大竹寛子 作品 蝶(青)Psyche -プシュケ- vo.11 6F 蝶(青)Psyche-プシュケ- vo.11 6F 大竹寛子 作品 花 百合  Lilies 6F 花 百合  Lilies 6F
Zig Zag展 Zig Zag展 6月13日-26日


ドイツ、シュツットガルト州立美術大学にてグループ展を開催されました。 日本・韓国・中国・ドイツの4ヶ国が中心になり、各国で活躍するアーティストを迎え総勢60人のアーティストでの展示です。

大竹寛子 作品 風炉先屏風「循環」 50×146.5 和紙・黒泊・墨・金泥・銀泥・岩絵の具 風炉先屏風「循環」 50×146.5
和紙・黒泊・墨・金泥・銀泥・岩絵の具
Zig Zag展
私は自身の作品によく蝶を登場させている。画面上で、蝶は幼虫から蛹へ、蛹から蝶になりやがて地上へと飛びたつ、そして更には死んでいく蝶の一生を描いている。 蝶自体の一生は儚いが、生まれ死ぬという循環は絶えず続く力強い生命の流れであることを表現している。 蝶は生きているものを金泥、死んだ蝶には銀泥を用いて描いた。蝶を昆虫としての蝶というだけでなく、魂の象徴であり、死霊の化身として、または美しく揺らぎあるものの象徴として、精神の成長としてなど様々な意味を含んだ記号として登場させている。

本展では作品を日本の伝統的な屏風の一つである風炉先屏風に仕立てた。これは茶の湯の世界で、席中の点前畳と客座畳の境を示し、茶室の道具を引き立てる役目をする二曲一隻の屏風である。 屏風は二面以上あるので、そこに同じ光が当たっても、角度の変化による微妙な陰影が生まれる。風炉先屏風は私にとって現在生きているこの世界と見たことのない死後の世界を隔てる境であり、日常の生活の中に置けばその空間を非日常の空間に変えてくれる存在でもある。