河村純一郎 JUN-ICHIRO KAWAMURA JUN-ICHIRO KAWAMURA

ミニチュア作品の額は、作家の手作りです。マットも絵に合わせて着物の布を貼っています。
※河村純一郎 参考価格 号単価6万

神秘的な中世風人物が織り成す深い精神性を讃えた画風で、高樹のぶ子著「水脈」の表紙を飾り高い人気を博しました。また、幼少の頃から野の草花を好み、ヤマシャクヤクなどの山野草なども描き、2007年には、地元山口県で文化功労賞受賞されました。

1948年山口県に生まれる。70年和光大学中退
1979年新芸術展賞新人賞受賞(80・努力賞)
1980年ル・サロン’80MENTION HONORABLE賞受賞
1981年渡欧、アカデミー・グランショミエール等で学ぶ
1984年行動展奨励賞受賞(86・F記念賞、97・田中忠雄賞)
1985年上野の森美術館絵画大賞展(~87)
吉崎直子「なぜか子供と飛んでいます」カット・表紙担当
1986年安井賞展、現代日本絵画展(~90)
1991年山口県芸術振興奨励賞受賞
1993年中川健次郎「銀木犀」表紙担当
1995年高樹のぶ子「水脈」表紙担当
2010年五月の薔薇展(髙島屋東京店他)
2012年個展(天満屋広島八丁堀)
2015年個展 汚れないマンネリズム(周東パルトラルホール)
2016年PREMIUM ROSE(髙島屋 横浜・大阪・京都・岐阜)
2018年個展(福山天満屋、21)
2019年薔薇Festa(髙島屋 大阪・京都・玉川店アートサロン)
2021年個展(玉川高島屋アートサロン)
現在行動美術協会会員